門司港発信型映画!!!!

ジュンです。
毎年3月に行われる沖縄国際映画祭。
この映画祭には地域発信型映画が上映されます。
その地域の物語、その地域のロケ地、その地域の制作スタッフで作られる作品。

そして、来年3月に行われる第五回沖縄国際映画祭で上映される作品が、ここ北九州は門司港で作られます!!
そう、門司港の物語が制作されるのです!!

海峡プラザさん、吉本興業さんが中心となりいよいよ来週から撮影予定であります。
現在、今作品はエキストラを絶賛募集しています!!北九州、門司港の、物語を皆さんと作りましょう!!

興味のある方、ご参加を希望される方はコチラからご覧ください!!
http://kaikyo-plaza.com/event/mojikoretro/412

【あらすじ】 幼い頃門司港に住んでいた主人公が、 仕事で数年ぶりに門司港に降り立った・・。そこで 見た門司港は昔の面影もなくなりただの観光地と化 していた。石炭を運んでいた貨物列車の線路には 「トロッコ列車」という観光列車が走り、行きかう 人々は皆観光の人達で楽しそうな笑顔。カメラマン である主人公が偶然知り合った一人の女性。彼女も また門司港が観光地化する時代の流れに翻弄された 一人であった。昭和初期の賑わいが消えた門司港を 活性化させるために観光地へと変革をした門司港レ トロの裏で人々の葛藤を描き、人情味あふれる町人 とのふれあいに地元愛を思い出すのであった・・。


あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. より:

    既に新聞報道されてますよ。
    アップするのであれば、もう少し早く情報をキャッチして、アップすべきでは?

  2. ジュン より:

    狸さん
    今回はエキストラ募集情報の解禁に合わせてブログで紹介しました。
    ご指摘のようになかなかタイムリーなブログ更新が出来ていませんが引き続き努力していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です