「オリンピックの身代金」ロケ地情報vol.3(八幡編)

いよいよ放送が明日になってきましたね!
ロケ地情報第3弾は八幡東区と八幡西区です。

【春の町】(八幡東区春の町2丁目)

上野御徒町の設定で撮影されたのですが、春の町商店街の皆様に全面的にご協力いただいて撮影ができました。
ここでは、ピンポイントでヤクザの組長役の國村隼さんが登場します。撮影待機中に少しお話する機会があったのですが、とても気さくな方で、いっそうファンになってしまいました。
さて、ここで出てくる消防車は京筑で直前まで現役だった消防車で、引退するという記事が新聞に載っていたのを思い出し、借受のお願いにいったものです。こういうレトロな消防車はなかなか無いのでラッキーでした。

【畑浄水場】(八幡西区下畑町)

畑浄水場は、国立競技場の地下通路という設定で、浄水場内の廊下や出入り口で撮影されました。国立競技場が東京オリンピックのために作られたもので、新しい雰囲気を出すため、出入り口はペンキで綺麗に塗りなおしています。
ここは、TBS「ランナウェイ」でも使われており、細長く続く通路がとても雰囲気があります。

残念ながら一般の方は通常立ち入れない場所なので、ドラマの中でご覧ください!

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. agg より:

    この消防車は 豊前消防署より
    八幡東消防署へ 私共が回送しました。

    終了間際、数秒の出演(笑)でしたが
    楽しませていただきました。

  2. そうでしたか!あの大型重機輸送業者の方でしたか。自分は戸畑消防団員なので、あの日野の泡原液搬送車の存在は良く知ってましたよ!自分は消防士役で参加しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です