映画「おっぱいバレー」の奇跡

映画「おっぱいバレー」の撮影がきっかけで

羽住監督との交流が始まった少女がいます。

↓ 詳しくは当時のFCブログをご覧ください。

http://www.kitakyu-fc.com/blog/?p=1140

当時、小学4年生だった ららちゃん は

中学3年生になり、あの夏から始まった奇跡を

原稿用紙5枚にまとめ、

「北九州市子どもノンフィクション文学賞」に

応募しました。

結果は、ナント!

審査員特別賞「佐木隆三賞」を受賞!!

タイトルは「46ページの手紙」

↓ 文学賞のホームページからご覧いただけます。

http://www.kodomo-nonfiction.com/nyusho2013.html

映画を通して色々なところで新たな出会いがある。

エキストラ同士で結婚された方や、

グループを作って交流されてる方

タレントと懇意になって秘蔵グッズをもらった方や

新たなビジネスチャンスを掴んだ方

そしてスカウトされて女優になった方

生きがいや夢が出来た方

このような話を聞くとフィルムコミッションをやって

本当に良かったと感じる。

(日々谷)

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. 加藤邦彦 より:

    ららちゃんの、46ページの手紙を読み感動しました。
    そして、益々羽住監督のフアンになり、この度のMOZUに参加出来た事を嬉しく思います。
    KFCの皆様には、いつも夢を頂いています。
    ありがとうございます。

  2. nekosan より:

    ららちゃん、おめでとう(*^_^*)

  3. より:

    懐かしい話です。
    再会の試写会は、エキストラでなく裏方で参加してたので、ようく覚えてます。
    あの女の子が、こんな文章を書くなんて、嬉しくなって…
    書き込みしました。夢が叶いますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です