嬉しい困惑

先日、某有名アーティストの音楽プロモーション・ビデオの撮影に向けた準備のため、映像製作関係のお客さまと市内をロケハンで回りました。

今回のお客さまが希望するロケ対象物件は、歴史的な趣のある洋館風の建物やレンガ造りの建物ということで、市内に数にあるそれらの建物の中から選りすぐりの物件を、現地で実際に見ていただきました。

当初、お客さまは、「どれか1つの建物に絞って撮影したい。」と言っていたのですが、訪れた建物いずれにも、ことごとく感動されたご様子で、「あの建物でも撮りたいし、この建物でも撮りたいし・・・、どうしよう!」と、ロケ対象物件を絞りきれないご様子でした。

魅力的な建物が多すぎてお客さまに困惑されてしまうのは、FCとして正直嬉しいです。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. nekosan より:

    それはそれは、嬉しいお話ですね。あちこち移動も大変ですが、あれこれ全て叶えられるプロモになったらよいですねぇ!
    あ~、なんか混ざりたい

  2. kawamoto より:

    nekosan さんへ
    いいロケーションに感動した気持ちをお客さまが素直に表現してくだるのは、FCとして嬉しいですし、一緒に回ってて楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です