大杉漣さんのこと。【1】

大杉漣さんが、今年2月21日に急逝されました。

 

平成28年7~8月に北九州市内で撮影された、大杉漣さん最後の主演映画「グッバイエレジー」のロケを担当したKFCスタッフの川本が、撮影当時の大杉漣さんのエピソードをいくつか紹介させていただき、大杉さんのご冥福をお祈りしたいと思います。

 

==

 

映画「グッバイエレジー」のロケが始まって数日たったある日のこと。

 

ロケ先のお店のドアが開き、入口付近に立っていた私に「こんにちは!」と愛想よく挨拶してくださった方がいたので、誰だろうとお顔を見ると、当日北九州入りし現場に来たばかりの大杉漣さんでした。

 

慌てて私も挨拶しましたが、初対面で先に大杉さんに挨拶させてしまった自分の失礼さを悔い、非常に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 

しかし、そんな挨拶の順番なんて全く気にしない大杉さんは、その後も、現場スタッフの皆さん一人一人に自分から先に「こんにちは!」「よろしくお願いします!」と挨拶して回られていました。

 

撮影中も、大杉さんは、周りのスタッフの方々や共演者の方々にいろいろと冗談を言って場を和ませたり、地元の方々から記念撮影をお願いされたら、いつも気軽ににこやかに応じてくださいました。

 

ロケ先に、近くのお店の方がたこ焼きを差し入れてくださった際は、撮影の合間に、大杉さんが自らそのお店に足を運んで、お礼のご挨拶をされていました。

 

私がお会いした大杉漣さんは、そういう方でした。

 

大杉漣さんのエピソード、【2】に続きます。

 

== 松永文庫「大杉漣さん追悼・映画資料コーナー」のお知らせ ==

 

現在、門司区の松永文庫にて、大杉漣さんを追悼する映画資料コーナーが設置されています。

スチール写真を中心に、大杉漣さんに関する映画資料が展示されています。

 

なお、大杉漣さんは映画「グッバイエレジー」の撮影で松永文庫を訪れ、松永文庫・松永室長と映画談義に花を咲かせました。

 

皆さまも、是非、松永文庫の「大杉漣さん追悼・映画資料コーナー」を訪れてみてくださいね。

 

★大杉漣さん追悼・映画資料コーナー概要

(1) 期間: 平成30年 3月2日(金)から当分の間

(2) 会場:「松永文庫」(北九州市門司区西海岸1-3-5 旧大連航路上屋1階)

TEL:093-331-8013  時間:9:00~17:00

※入場無料

※4月より毎週月曜日が休館(祝日の場合、翌日が休館)

(3) 展示内容

大杉漣さん最後の主演作となったことから、「グッバイエレジー」のスチール写真を中心に、大杉漣さんに関する映画資料約30点を展示します。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です