もう1つの北九州シーン

『逃げる女』第5話で登場した北九州シーンとして、「県営高峰団地」をご紹介しましたが、実はもう1つあります。

美緒(仲里依紗)の生い立ちを知った安藤刑事(賀来賢人)が柵にもたれかかりながら、佐久間刑事(遠藤憲一)に電話しているシーンです。

ここは、戸畑区丸町の「市営丸団地」です。ちょうど、高峰団地の真向かいにあり、高峰団地を遠めから撮影したのもここからでした。

この丸団地では、撮影以外にも集会所をキャスト控え室としてお借りしたり大変お世話になりました。

(以前ブログでご紹介しましたが、雨が上がるのを待って控えていた賀来さんと地元の中学生が会話したのもここでした)

次回(最終回)では、もっとわかりやすいところが沢山出てきます。クライマックスも楽しみですが、ロケ地探しも楽しめると思いますよ。

2月13日(土)よる10時~ お見逃しなく!

『逃げる女』公式HP→http://www.nhk.or.jp/dodra/nigeru/

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です