脇田でGO!「まだ猿」(その52)

若松は脇田漁協の方々の全面的なご協力の下、真夏の海水浴場での撮影が行われました!!

ヘリが真上を飛んだり、強烈な風を起こして撮影する為、お客さんをシャットアウトしなければなりませんでしたが、海猿なら是非!と言っていただけてロケが実現しました。

本当に影響力のある作品だと思います。皆さんが心から応援して下さいます。

ヘリの下はプロペラの起こす風圧で波打ってます。これはダウンウォッシュと呼ばれ、距離と方向によっては海水をすくい上げてぶっかけることができます。

別場所の沖合では潜水士たちがダイブするシーンが撮影されましたが、写真で見るこの距離でも飛び込んだ時は相当痛いらしいです。

ちなみに、海水浴場の駐車場では、スタッフ車両のハイエースの後部座席を使ってヘリでの演技を確認する佐藤隆太さんの姿が印象的でした。そういえば構造が少し似てるかも。

(タカヤ)

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. みかり~な より:

    是非とも行ってみたいロケ地です♪
    劇中のダイブして救助に向かうシーン、あの高さから飛び込んで、すごいなぁと思いながらいつも観てます。
    潜水士になるには、ハンパない根性と肝と精神的強さ、信念がないとなれないんだろうな~と思いましたね。ほんと、尊敬します。

  2. やま より:

    この写真は、何度見ても、いいですね。
    清々しいです!

  3. アナ より:

    続々飛び込んだあのシーンですね〜
    吉岡さん(佐藤隆太さん)の名ゼリフもぐっとくるあのシーンは好きなシーンの1つです!!
    そして若松といえばうに(^-^)喜んだ下さったんですよね〜

  4. 海桃 より:

    あの飛び込むシーン、ホントにプロ!って感じが素敵です♪
    前に映画見に行ったとき、隣の少年が非常にうるさくて、
    かなりイラっとしてたのですが(笑)、このシーンで
    「わっ!すげー!!」って言ってたのだけは、許しました(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です