「おっぱいバレー」打ち上げ

200809121430001.jpg9月11日、東京都内にて映画「おっぱいバレー」の打ち上げパーティーがありました。北九州での撮影以来ぶりにみんなに再会できたため、とても嬉しく思いました。武石LPの司会進行によりパーティーが始まり、北九州FCとしてBOSS日々谷からも一言。BOSSには要所で必ずコメントが求められるなど、北九州FCの立ち位置がしっかりと確立されています。「おっぱいバレー」撮影終了後、監督が徹夜で作った数分間のダイジェストがモニターで流れると、会場が感動の渦と化しました。自分も「おっぱいバレー」に携わったメンバーとしてモニターに映されたロケ地を見るとロケハンで必死に駆けずり回っていた事などを思い出し、感極まる気持ちでした。その後、ゲームなどで会場が盛り上がり、締めに羽住監督から挨拶。まず、この映画の企画段階から北九州FCが山ほどロケハン写真を持って売り込みに来た。ロケ地を北九州に決めてこの映画の方向が決まった。という言葉で始まり、人の気持ちを誰よりも大切にする監督らしい素晴らしいコメントがありました。最後にもう一度ダイジェストが流れると感動で胸が熱くなりました。本当にこの作品を担当することができたことに感謝いたします。今後も北九州FCの更なる発展のためにより一層励みたいと思います。(山口)

あわせて読みたい

1件の返信

  1. ゆう より:

    楽しく拝見しながら、楽しく参加したいと思っています♪
    頑張ってください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です