女子じゃなくてごめんなさい!!

昨夜はスライドショーの後に、ある飲み会に参加してきました!

北九州ロケのエキストラ常連さんと学生ボランティアスタッフの個人的なお食事にお邪魔してきたのです。

ことの始まりは去年、黒崎にて取り組まれた中心市街地活性化基本計画の1つである「黒崎シネマチャレンジ」です。

これを簡単にいうと、

「黒崎に途絶えてしまった映画館を復活させよう」

で、その一環としてエキストラ常連さんと学生ボランティアスタッフが出会う場があったのです。

そこで仲がよくなった方々がプライベートでもこうして集まってお食事をしているのです。

今回の集まりのきっかけになったのが、エキストラ常連のあつよさんの存在!

学生ボラスタから「こんな大人の女性になりたい!!」と強く憧れを抱かれている存在です。お話したらわかります。

(画像はおあずけ!実際に現場で探してみてください!)

学生ボランティアスタッフ!

北九州市立大学の映像サークル「ロマンダム」のよしこさん!

ユニークな世界観が僕らを笑わせます。僕をおじいちゃん呼ばわりします。


左は、同じくロマンダムのきたっち!

今やロマンダムになくてはならない存在です。年上にめちゃくちゃモテる。

右も、やはりロマンダムのしほこさん!

ロマンダムのセクシー部門かっこいい系担当。もう少ししたらロンドンに留学に行ってスペイン人の彼氏をつくります(たぶん)。
つまり、

そう、僕が途中参加したこの集まりは、

「女子会」なのです!

(ちなみに本来なら僕は女装して参加予定だったのですがそれは叶わずスネ毛は健在です。)

特にあつよさんときたっちの仲はすばらしく、お互いが「もう一人の自分みたい」だそうです!

20歳そこそこにして年上でそんな存在が出来るなんてそうないですよ。

よかったね、きたっち!

あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. nekosan より:

    女子部、楽しそうですねっ!
    いいなぁ、私も参加してみたいです。
    え?女「子」じゃないから、だめですってぇ??
    しくしくしく・・・・(涙)

  2. ヒロシ より:

    ズルイ!
    僕も参加したかったです!飲み物の注文とかお酌とか何でもやりますのでぜひ!!(笑)

  3. takaya より:

    >nekosanさん
    心が女子なら誰でも参加OKですよ!!!
    女子大生の若い力を我が物にして下さい☆
    女子部に1人追加でーす!

    byゲンヤ

  4. takaya より:

    >ヒロシさん
    女子会ですからね!苦笑
    身も心も女子になるか、交通手段を用意するか
    彼女たちへ1000㌫の奉仕をしなければ!一緒にがんばりましょう!笑

    byゲンヤ

  5. バンズ より:

    私の地元黒崎で女子会ですか、いいですねぇ!
    黒崎に映画館が無くなりかなりなります。高校時代帰りに映画を観て
    遅くなり親にこっぴどくおごられたことが、懐かしいです。
    最近、孫が出来た56歳です。

  6. takaya より:

    >バンズさん
    「高校時代帰りに映画を観て遅くなり親にこっぴどくおごられたこと」という部分で思い出したことがあります。

    北野武監督の『素晴らしき休日』という「映画館」をテーマにした短編があるのですが、
    その中にも映画館の思い出とは映画の内容よりも、その前後のちょっとついてない自分のお話だと描いてあります。(僕の解釈では)

    ちなみに僕は友人と見た後その映画のツッコミ所をガンガンあげて笑って帰ったのがいい思い出です。(つまりその映画の出来は触れないで下さい)

    黒崎シネマチャレンジにて黒崎の方々で映画館っていいなと再認識された方も多いようですね☆

    byゲンヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です