映画での破壊は栄華の証拠

約50年前のある怪獣映画の話です。

宇宙から来たらしいその大怪獣は1962年に出来たばっかしの「東洋一の吊り橋」を

ぶっ壊しちゃったらしいのです!

実は若戸大橋って怪獣映画のロケ地になっていたそうですよ!!

それもそのはず、

若戸大橋は1962年に開通したのですが、

当時、日本の吊り橋は長いものでも130メートルいかないものでした。

ところが若戸の長さは600メートルを超えてます!6倍!

文字通り東洋一の吊り橋だったそうです。

革新的なこの大橋へ導入された様々な新技術は、現代のレインボーブリッジなどの建設へ応用されているそうです。

つまり若戸大橋は映画で怪獣が壊したくなるほどの名スポットだった!!!

当時を知る北九州の方々にとっては常識かもしれませんが今年25歳の若造の僕は知りませんでした!

なんだ若戸大橋って物凄いんだ!

そしてその建設に携わった設計士さんや労働者の方々がこの街には住んでいる。

それだけでも十分この街は歴史ある面白い所だと思いました!

若戸大橋、パンクタイヤで爆走してごめんなさい!笑

あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. pn~K/S(本名:M・Y) より:

    ゲンヤさん。おはようございます。
    今、仕事を終え帰宅しました。(寝む~い!)
    昨日、会議の司会で疲れました。(笑)
    お気に入りスポットで、若松(K/S在住)を紹介したつもり…?では、ないのですが、ゲンヤさんの若戸大橋の投稿(紹介)は感激です。
    偶然にしても嬉しいです。(バイクで橋の近くまで来られました?)
    何処の街(北九州)にも、個性ある風景や神社・仏閣・テーマパークetcが、有るように若松区も同様です。
    撮影に関しては、古ーい昔では、あの有名な高倉健さん・吉永小百合さん他、多数いるみたいです。(昭和の時代ですから)
    たかが若松、されど若松?(古ーい表現!)
    お爺さんや婆さま達に、何度も聞かされました。
    私は、若松でも若戸大橋からは離れており、遠賀郡に近い方にいますので都会的センスを持ち合わせています。???。
    ゲンヤさん、今度いつか乗馬してみてはどうですか?
    誘いではありません。
    面白い体験を数多く行う事で、感性に磨きがかかりますよ。
    人にもよりますが…(爆笑)
    これからも楽しい投稿(写真掲載の条件付き)を御願い致します。

    何か、ゲンヤさんにメールしてると女性に[LOVE・レター」を送っている感覚になり始めました。
    多分、私の脳が睡眠不足で混乱しているのでしょう。(苦笑)
    お疲れ様です。
    お身体、御留意下さい。
    長文で申し訳ありません。
                    KENNJI SAKAMOTO

  2. 駅長の中嶋です より:

    若戸大橋を出される黙っている訳けにはいきませんよ。
    以前の若戸大橋投稿でもチョッピリ書きましたが、開通以来50年間見続けて、渡り続けてきたんですから。歩道(昔はあったのですよ!)には私の足跡と車道にはマイカーの轍の跡がどれほど遺されていることか。
    ゲンヤさん、若戸大橋の偉大さに気づかれありがとう!

    それと、大橋の下を進む若戸渡船、この画は豆みたいですが最高に拡大
    して見てください。
    この前ロケしたときのスタッフ&キャストの専用船ですよ!
    普通、あまり乗るはずのない2階デッキにスタッフジャンパーの人たちが。
    ゲンヤさん、あの時に写したんですよね。(たぶん・・・)

  3. あつ より:

    勉強になりました(`∇´ゞ

  4. みかり〜な☆ より:

    その名スポットで物凄い若戸大橋…先週、渡ってきましたよ♪
    有料なのにビックリでした!(笑)
    早速、KFC制作のロケ地マップ活用し、ドライブして参りました(^o^)v

  5. 赤ちゃん狸 より:

     若戸大橋は、宇宙怪獣ドゴラやウルトラマンコスモス2の怪獣が壊してますね。
     その他、社長漫遊記、ウイニング・パス、フルスイング、サッド・バケーション、釣りバカ日誌10、プルコギ、犬のおまわりさん、十津川警部シリーズ44(十年目の真実)等の映画・ドラマで撮影されています。
     そのほとんどが、KFCが関与していますよ。
     勉強して下さい。

  6. ヒロシ より:

    若松住みの僕としては、若戸大橋は誇れる建造物です!

    海も山もある若松はロケ地には最高ですよ!

    お越しの際はコーヒーでも出しましょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です