映画『黒執事』を別の角度から・・・

映画『黒執事』の配給はワーナー・ブラザーズ映画ですが、昨日(29日)、日本法人社長のウィリアム・アイアトン氏のインタビュー記事を興味深く読みました。

「邦画も作るワーナー映画の神髄とは ウィリアム・アイアトン日本法人社長に聞く」
http://toyokeizai.net/articles/-/20401

映画『黒執事』については直接出てこないのですけれども、題名のつけ方や、来年の封切り数が初めて洋画と邦画が逆転するなど、社長ならではのお話が満載です。

映画を観るときの参考にしていただければと思います。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 六角ひとで より:

    11月20日(水)に映画完成報告のレッドカーペットイベントがありましたね!(*^^*)当日の夜や翌朝のTVで結構流してくれてました♪

    東京や関西では舞台挨拶付きの試写会の募集もチラホラと出てきました!

    北九州では舞台挨拶付きの試写会の予定は無いのでしょうか?ずっとお知らせを待ってるんですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です