大正時代の街なみに

市内で撮影が行われています、映画『ある女工記』。

先日、街なかで行われたロケ風景をちょっとご紹介します。

この映画の時代設定は、大正時代です。

カメラ、照明、美術の各担当スタッフが連携し、それぞれの技術を最大限に発揮することで、現代の街なかの通りが、大正時代の風景としてモニターに映し出されます。

さすがプロの映像マジックです。

===

葉山嘉樹小説映画化プロジェクト
『ある女工記』公式ホームページ
http://jyokoki.com

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. nekosan より:

    大正時代に憧れがあります。
    古き良き時代の昭和もいいですが、願わくば一日も早く、市内に、そのままロケにも使えるような明治大正村ができないかなぁ~(超絶願望)(^o^)

  2. kawamoto より:

    nekosan さんへ
    市内のあちこちにある明治・大正時代の建造物が一カ所に集まれば、明治大正村ができあがりますね! ドラえもんが誕生する22世紀にはその夢が実現するかもです!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です