K-20怪人二十面相・伝 撮影現場

今年1月と3月に撮影された映画『K-20怪人二十面相・伝』

ここは「門司赤煉瓦プレイス」

金城武さんがここの壁をよじ登ったり、落ちたりするシーンを撮りました。

ロープがあるとはいえ、本番で飛び降りる根性は、さすが国際ムービースター!

しかも何度も何度も!

見ているこちらの方が手に汗握りました。

この場面はK-20のホームページにも予告映像で見ることができます。

探してみてください。  http://www.k-20.jp/  

(日々谷)

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. splash より:

    この場所は、毎日通るところなんですが、
    まさか『この見慣れた風景』が「k-20」の
    予告編に出るとは・・・驚きました。

    こっそり撮影を拝見しておりました(遠方から^^;)
    金城さん、ご本人がまさか「落ちたり登ったりする」とは
    思ってなかったので・・・これまた驚き、ハラハラ。
    見ていて、周りのスタッフの熱い思いも
    (その夜はとても寒かったけれど)
    感じました。見てて本番は息が止まりましたから。
    ほんの少し、垣間見た自分でさえ思い入れが強いこの作品、
    まして地元で協力された方々は『思いはひとしお』ですね。

    次回の「k-20」の回想録、楽しみです。

  2. ゆう より:

    知り合いから、この頃、別場所(渡船を降りたときに)で、偶然にも撮影シーンを撮っているのを目撃したという話を聞き、彼の大ファンである私はとても羨ましく思っていました。splashさんもとても羨ましいです☆

    門司方面はあまり行かないけど、是非、今度行って同じ場所で写真を撮ろうと、今、決心!!

    他の友人ファンにも、公開と同時にこの場所をCMしなきゃ!

    (ミーハーですみません!思わずファン心理を書いてしまった!汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です